バストアップクリームと女性ホルモンの関係性

バストアップクリームの話題では必ずといっていいほど、女性ホルモンが出てきます。

女性ホルモンをバストアップクリームで作為的に増やすことに不安な方や、バストアップクリームを使ったからといって本当に女性ホルモンが増えるのか疑いを持つ方のために調査してみましたので、興味をお持ちの方はご覧ください。

今人気のおすすめバストアップクリームは?


バストアップクリームで女性ホルモンは本当に増えるの?

悩んでいる女性

女性ホルモンがバストアップに深く関わっていることは知ってるけど、女性ホルモンの事をよく知らないという方のために、まずは女性ホルモンについて簡単に説明します。

女性ホルモンには2つ種類があって、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンとは、女性らしさの源となるホルモンで女性らしい丸みを帯びた身体(乳房や安定した大きな腰や、子宮)を作るもので、自律神経や感情、骨や皮膚、脳の働きにまで広い範囲で大きく関わっています。

プロゲステロンとは、妊娠を助けるホルモンで受精卵が着床しやすい状態に調えて妊娠を継続させる働きや、体内の水分を保持したり食欲増進の働きを持っています。

以上、女性ホルモンが2種類あってバストアップに関係がありそうなのはエストロゲンだとお分かりいただけたところで、バストアップクリームを使用することでエストロゲンを活発に働かせたり、エストロゲンを増やせるのかを確認していこうと思います。

まず最初にお伝えしたいのは、女性ホルモンの一部のエストロゲンは体内で生成・分泌される成分のため、外部から摂取するということはできません。

バストアップクリームに含まれているエストロゲンに働きかける成分として、プエラリア、イソフラボン、プラセンタ、ボロンがあり、エストロゲンを増殖させるというよりもエストロゲンと似た働きをするものだと考えてください。

上で挙げた成分の中でもイソフラボンを例として、イソフラボンを大量に含む飲料として豆乳がありますが、中国では豆乳を水代わりに毎日浴びるように飲んでいた男性の胸が、猛烈に成長してDカップ以上の巨乳になったのです。

このことから分かるようにエストロゲンの働きをする成分を摂取することで、バストアップ効果を得ることは可能です。

バストアップクリームの場合、豆乳のように飲むことはできませんが、バストに塗り込むことで肌の1番上にある表面部分の角質層までは確実に届けることができます。

角質層より深く浸透させるためには、分子量が非常に小さいものに限られるため、確実に乳腺まで届くとは言えませんが、少なくとも角質層までは確実に吸収できているといえるでしょう。

また、バストアップクリームの効果がなかなかでないという方はバストアップクリームから摂取した成分が、うまく体内に行き渡っていないことが考えられます。

そういった方は、身体を冷やしていることが原因かもしれないので、身体を温める必要があります。

なぜかというと身体を温めることにより、血流をよくして血中に含まれる女性ホルモンなどが体中に行き渡りやすくなのです。

なかなか、バストアップクリームの効果を実感できないという方は、身体を温めることを心がけてみてください。

バストアップクリームで女性ホルモンを作為的に増やして問題はない?

OKな女性

バストアップをするために必要な栄養素は、基本的には食事で摂ることが基本になります。

バストアップクリームに含まれるエストロゲンに作用する成分は、食材やバストアップサプリなどの食べて摂取するタイプに比べると少ないため、身体に不調を及ぼしたり、ホルモンバランスを崩すほど深刻なダメージを身体に与えるようなことはほとんどありません。

まれに、妊婦や10代の成長期の方が体調の悪い時などに、バストアップクリームを使用することで、ホルモンバランスが崩れてしまうこともあるかもしれませんが、極めて少ない例なのでご安心ください。

バストアップクリーム使用する際に自分の体調と相談することで安全に使用することはできるため、必要以上に怖がらずにぜひ使用してみてください。

女性ホルモンの分泌サイクルを知ろう

女性ホルモンが活発に分泌されるとバストアップにつながるのは、エストロゲンが乳管を発達させて、プロゲステロンが乳腺を発達させるためです。

エストロゲンとプロゲステロンは、同時に活発になるわけではなく、生理周期に合わせて交互に活発に分泌しあっています。

分泌サイクルは約28~30日を1つのサイクルとして、生理が始まってからおよそ14日目に「排卵」が起きます。

簡単に生理周期を説明すると、生理が始まった日を1日目とすると、1~8日目までが「月経期」といって、生理痛や頭痛、吐き気、倦怠感などの不調を感じやすくて、身体もむくみがちです。

「月経期」には、体温を上げるプロゲステロンの分泌が減少し、体温が下がって身体が冷え、血行が悪くなりますが、生理期間(約7日間)の終盤には、エストロゲンが徐々に分泌されて気持ちが上向きになり元気が出てきます。

生理が約7日間で終了して、生理開始後7~14日目の排卵が起きるまでの期間のことを「卵胞期」といって、女らしさにつながるエストロゲンが分泌されて血行が良くなり、肌の調子が最もよく、むくみも取れて体の動きも軽快になるため、ダイエットの効果を最も感じやすい時期ともいえます。

また、精神的に安定し、心身ともにバランスが取れ、自信がみなぎっており、性欲も高まっている時期なので、女性が最も魅力的で調子のよい時期だといえます。

生理開始後14~21日目の排卵中と排卵後の期間のことを「排卵期」といって、エストロゲンの分泌が徐々に減少してくる時期で、代わりにプロゲステロンの分泌が盛んになってくる時期で、子宮内膜が厚くなるため下腹部に不快感や違和感を感じることがあります。

大きな体調の崩れはないが、むくみや便秘、肩こり、腰痛などが起きやすくなります。

プロゲステロンの影響で交感神経が優位になることで、この時期は感情の起伏が激しくなってしまいます。

生理開始後21~28日目の排卵後~生理前の期間のことを「黄体期」といって、エストロゲンとプロゲステロンが共に減少し、プロゲステロンの影響を最も受ける時期と言えるでしょう。

生理が近付くにしたがって、乳房の張りや痛み、お腹の痛み、肩こりなどの体の不調が目立ち始めます。

女性ホルモンの分泌が減少しているため、自律神経のバランスが乱れて、イライラや不安が募り感情のコントロールが最も難しい時期です。

この時期は、血行も悪くなり、クマやくすみが目立ちやすくなります。

以上が、生理周期と女性ホルモンの分泌のサイクルに伴う体調の変化です。

女性ホルモンは分泌のバランスが大切!

女性らしい身体を作るために必要な女性ホルモンの「エストロゲン」、「プロゲステロン」ですが、バストアップサプリやバストアップクリームなどで外部からの摂取も手軽に行えますが、それぞれ過剰に分泌されると様々なリスクがあると言われています。

エストロゲンが過剰分泌されることで、乳がんや子宮体がんのリスクが高まってしまいます。

プロゲステロンが過剰分泌されると、皮脂過剰により肌が固くなって吹き出物ができやすくなるなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

どちらの女性ホルモンも量が多く分泌されればよいというものではなく、エストロゲンとプロゲステロンの”分泌量のほどよいバランス”が大切です。

女性ホルモンの分泌が減少してしまったら、バストも小さくなっちゃうの?

女性ホルモンは過剰に摂取し過ぎてもダメというのはわかりましたが、女性は年齢を重ねて30歳を過ぎる頃から女性ホルモンの分泌量がどんどん減少していってしまいます。

年齢とともに減少してしまうのは仕方ないことですが、バストアップクリームやサプリメントを摂取することで、減少してしまった分の女性ホルモンを補うことも可能で、年齢に関係なくバストアップももちろん可能です。

しかし、女性ホルモンの分泌量の減少に従って、バストが小さくなってしまうこともあって、それが顕著なのが「産後」、「卒乳後」と言われています。

女性ホルモンの分泌は分娩時にピークを迎えるため、出産を機に女性ホルモンはドンドン減少してしまい、代わりに母乳を作りだすためのホルモンの「プロラクチン」の分泌が増えていくようになるため、「産後」に女性ホルモンが低下するのは生理現象ともいえます。

子供を育てることに全力を注ぐようになるので、女性としてよりも母として生活するようになるからでしょうね、少しでも早く女性ホルモンの量をアップするために、栄養のある食事とできる限りストレスフリーな生活を心掛けて、充分な睡眠をとるように心がける必要があります。

サポートとして、バストアップクリームやサプリメントで補うのも効果的ですよ。