バストアップクリームで乳首の黒ずみを抑えられるの?

バストアップクリームを使用されている女性なら乳房の大きさも気になりますが、乳首の色も気になる方が多いのではないでしょうか。

やっぱりどんなに形の良いおっぱいをお持ちの方でも乳首の黒ずみをコンプレックスとしている方も中にはいらっしゃいます。

そこで、バストアップクリームを使用することにより乳首の黒ずみも抑えることが可能なのかを調査してみましたのでご紹介します。

乳首の黒ずみの原因

そもそも、黒ずみの原因となるのが「メラニン色素」と呼ばれるもので、皮膚を守る重要な役割を持つ要素なのですが、一方で肌の色を黒くしてしまうという性質も持っているのです。

乳首はおっぱいを形成するパーツの中で最も突出した位置にあり、最も下着の摩擦などで刺激を受けやすい部分のため、メラニンを作り出す細胞が活発に働いてどんどん作られてしまいます。

そして、ストレスや年齢を重ねることにより、代謝のサイクルが正常に行われなくなってしまいメラニン色素の沈着が起きてしまうのです。

バストアップクリームで色素を落とす効果の実態

バストアップクリームを使用することで、乳首の黒ずみを完全に消すことは非常に難しいですが、美白成分が配合されているバストアップクリームを選ぶことにより多少メラニンを抑える効果が期待できます。

しかし、バストアップクリームは育乳や胸部の肌の保湿などを目的とした商品のため、色素を落とす効果というのは補助的なものにすぎないためあまり期待し過ぎないように気を付けてください。

でも、バストアップクリームは非常にたくさんの製品が販売されているため、美白に絞った製品も販売されているかもしれないため、探してみるのも面白いかもしれません。

乳首の黒ずみが濃い人は経験豊富なの?

壁ドンしている男女

皆さん、「乳頭の黒ずみが濃い人は性体験の経験が豊富」という都市伝説のような噂を耳にしたことはありませんか。

こういう噂のせいで元々色黒の方や、ちょっと普通よりも濃いのかもと思っている方が、性経験が豊富と勘違いされてしまって戸惑ってしまったり、コンプレックスを抱えてしまったということもあるかと思われます。

そんな悲劇がもう産まれないためにもその噂の真偽も調査してみましたので報告します。

上記の「乳首の黒ずみの原因」でもお伝えしたように、黒ずみの原因となるメラニン色素は皮膚を守ることが役割であり、バストトップは身体の中で最も突出したやわらかい部分のため衣服によく擦れてしまい、どうしても皮膚にダメージを負ってしまいます。

またそのダメージも一人一人肌質も違うし、体質により色が濃くなりやすかったりもするそうです。

どうにかして乳頭の肌へのダメージを減らしたいのならば、自分の肌質に合うできるだけやわらかい生地の下着を着用することにより肌へのダメージを比較的抑えることが可能になります。

以上の事から、黒ずみが濃くなってしまう原因として度重なる性体験が上げられるというのは、正しくありません。

なので、乳首の黒ずみが濃い人は経験豊富というわけではありません。

しかし、上に挙げたのはあくまでもノーマルな性交渉の場合で考えているため、あまりにもアブノーマルな行為が度重なった場合は、乳頭もダメージを激しく受けてしまいメラニン色素が皮膚を守る為に活発に活動してしまう場合もあるかもしれませんので注意してください。

乳房自体がとてもデリケートな部分なので、バストアップクリームやボディクリームなどを塗って肌のケアをこまめに行うことをおすすめします。

『ホワイトラグジュアリープレミアム』が黒ずみには効くらしい

乳首の黒ずみについていろいろ書いてきましたが、乳首専用の美白クリームというものが発売されているようで、商品名は『ホワイトラグジュアリープレミアム』。

このクリームを使用しての美白効果の実感率は94.8%にも上るそうです。

バストアップクリームとこの商品を併用することで、乳首の色を薄くしつつバストアップ効果を得ることが可能になるかもしれません、興味のある方は一度試してみるのも良いかもしれませんよ。

黒乳首を愛する殿方もいることを忘れないで!

スピーチする男性

また、余談ですが、世の中には黒い乳首や乳輪が黒い方が好きという男性もいらっしゃることを忘れないでください。

私の身近なところでは、私の父と私の彼氏は「乳首は黒ければ黒い程興奮する!」、「乳首黒い方が歴戦の勇者って感じがしてその子のことをリスペクトしちゃうし、そんな娘と関係を持つことができる俺は選ばれし漢(おとこ)って思えて、自信が持てるからさ。」と豪語しておりました。

他にも、お笑い芸人の「さまぁ〜ず」の大竹さんは以前TV番組で、「乳輪でかめの汚いおっぱいが好き!」と発言されていました。

皆さん自分のおっぱいに自信を持ってください、きっと世の中にはあなたのおっぱいが一番と言ってくれる人がいると思って、胸を張って生きていきましょう。