頭とお腹に手を抱える女性

バストアップクリームの副作用を徹底調査!

バストアップクリームは主に、プエラリアや大豆エキスに含まれるイソフラボン(女性ホルモンと同じ働きをする成分)によってバストを成長させます。

大豆イソフラボンは胸を大きくするだけでなく乳がんに対する予防効果があることが分かっており、日本人女性は世界的に見ても乳がんの発生率が低いです。

乳がんの発生率のグラフ

大豆には植物性エストロゲンのひとつであるイソフラボンが含まれています。これはその形が女性ホルモンに似ていることから動物実験などにおいて、乳がんを抑制する効果があることが知られています。また、大豆製品はアジア諸国で多く食べられていますが、欧米ではほとんど食べられていません。我々の研究では日本人と米国白人では700倍も摂取量が違うというデータもあります。この摂取量の差がアジアと欧米の乳がん罹患の差と関連しているのかもしれません。しかもこの研究はアジアでしかできないのです。

国立がん研究センター

グラフを見ると明らかに日本人女性の乳がん発生率が低くなっていますね。

もっともアメリカ人のほうが体質などの理由でバストが大きくなりがちですが、日本人女性でも豆乳やイソフラボン入りのバストアップクリームで胸を大きくした方は沢山います。

前田敦子さんは朝に豆乳を飲む習慣を付けてバストアップに成功し、Dカップまで成長しました。

そして何より、安全にバストアップできるのならそれに越したことはありませんよね。

ただ、どんな成分でも過剰摂取すると体の不調を招くことになります。

イソフラボンの副作用とは

イソフラボンは食用として摂る程度なら副作用の心配はないんですが、バストアップサプリなどで摂取する場合は注意が必要です。

バストアップの定番成分の「プエラリア」(プエラリアミリフィカ)は大豆の40倍のイソフラボンを含むため、一度に飲みすぎると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

その結果、生理不順や不正出血、ニキビ、下痢、便秘などの副作用が出る恐れがあります。

被害の例でも深刻なものを挙げるとすれば、韓国ではプエラリアを含む食品を食べた女性に副作用が出たことがあります。

Pueraria mirificaは女性ホルモン活性があり、子宮肥大などの副作用があることから韓国では食品への使用が禁止されている。実際に当該製品を購買して服用した一部の女性には出血や生理が止まらないなどの深刻な副作用が見られた。

国立健康栄養研究所

国によって安全の基準は違い、プエラリア原産国のタイでは食用に使われることもあります。

ただ、中には韓国のようにプエラリアの取り扱いを厳しく取り締まっている国もありますし、実際に大きな問題になりました。

プエラリアはとても貴重な野菜なので基本的には生食用の輸出が禁止されており、日本で摂取する場合もサプリメント(健康食品)やクリームなどの加工製品しか購入できません。

もっとも、プエラリアは女性ホルモンへの効果が高すぎるので、加工品でイソフラボンを少しずつ補給したほうが安全ですね。

ボルフィリンによる副作用

バストアップクリームには、胸の脂肪を増殖させる効果を持つボルフィリンが含まれているモノもあり、このボルフィリンはほとんど副作用がないと言われていますが、脂肪を増殖させる効果を持っているので、メタボリックシンドロームの原因になるかもしれません。

そこで、どれくらい脂肪が増えればメタボリックシンドロームと判断されるのか調べてみました。

メタボリックシンドロームの判断は基本的にウエストのサイズで、女性の場合ウエストサイズが90cm以上で、中性脂肪値150mg以上、血圧では収縮期血圧130mmHg以上・拡張期血圧85mmHg以上、血糖値が空腹時血糖値110mg/dl以上だとメタボリックシンドロームと言えます。

ウエストサイズが大きければメタボリックシンドロームの可能性が高いですが、胸の脂肪が増えることでメタボリックシンドロームになる心配はありませんので、本当にボルフィリンによる副作用はないようですね。

副作用が起きる可能性のある人

バストアップクリームには女性ホルモンに働きかける成分や、脂肪の増殖に関する成分など多くの成分を含んでいるため、各成分によっては副作用が起きる可能性がある人が特定できる場合もあります。

肌が弱い人や敏感肌の人

肌が荒い人や敏感肌の人は「肌荒れ」や「湿疹」が起きてしまう可能性があります。

妊娠中の人

女性ホルモンに働きかけるプエラリアを含む商品を利用するのは、控えた方が良いでしょう。

最悪の場合、母体のホルモンバランスが崩れてしまい、お腹の赤ちゃんにも影響が起きることも考えられます。

どうしても、バストアップクリームを使用したい場合は、プエラリアを含まない商品を使うと良いでしょう。

生理中の人

生理中は女性ホルモンが大量に分泌されていることにより、ホルモンバランスが崩れやすいため、生理の期間はプエラリアを含むバストアップクリームの使用は控えた方がいいでしょう。

10代の成長期の人

身体がまだ出来上がっていない成長期の10代の女性も、女性らしい身体を作るために女性ホルモンが活発に分泌されているため、外部から余計に刺激を与えるのは、逆に成長を阻害してしまうこともあるため、プエラリアを含むバストアップクリームの使用は控えた方がいいです。

体調不良の人

あとは体調が悪い人も体調が回復するまでの間は、バストアップクリームの使用は控えるべきです。

ここでいう「体調が悪い」というのは、副作用が出て体調が悪いだけでなく、他の理由で体調が悪いのも含んでいます。

以上が副作用が起きる可能性のある人なので、上記にあてはまる人たちは一時バストアップクリームの使用を止めるなど、自分で副作用が起きないように注意してください。

副作用が起きたときの対処法

バストアップクリームを塗ってそのまま塗り続けたりしてしまう人も多いようですけど、そのような自己判断は危険です。

もし副作用を起こしたら、すぐさまバストアップクリームを塗るのをやめましょう。

1度体調が落ち着いたら、バストアップクリームの量を減らして使いましょうね。

また副作用を起こす人は、プエラリアミリフィカなどの含有量が少ないものを選んだりすると、副作用を起こすことがなくなるかもしれませんね。