バストアップクリームの代用品として使えるものってある?

バストアップクリームを毎日使っているんだけど使い切っちゃって、新しいバストアップクリームが届くまでの代用品として一時的に使えるものないかなぁって、悩んだことってない?

他にも、バストアップクリームを使いたいけど副作用が怖くて、まだ使ったことがない人や、成長期の中学生や高校生がバストアップクリームの代用として使えるんじゃないかというボディクリームを調べてみました。

あくまでもバストアップクリームの代用として使えるクリームだから、バストアップ効果を持つ成分はほぼ含まれてないってことは忘れないでね。

香水替わりに使えるものもあるから、気になるものがあったらチェックしてみてね!

バストアップクリームの代用品としてどこの家にも置いてある逸品

まず最初に紹介するのはニベア「ニベアクリーム」です。

皆さん一度は必ず目にしたことがある定番商、別名「ニベアの青缶」で有名だよね。

2014年か2015年くらいにテレビで海外の高級化粧品と成分がほぼ同じということが報じられてから、また売上が上がったらしいです。

さすがは定番商品というべきか、保湿効果は抜群です。

でも、ベタつくから苦手という人も多いかもしれません、私もよく使ってるけどベタつくからちょっと使いづらいなと思ってました。

実際に使ってバストアップマッサージしてみたけど、ベタ付きが強いからあんまりバストアップマッサージとは相性良くないかも。

でも、コスパもいいし、一番出回っていて手に入りやすい商品だから、代用品として一時的に使う分には全然いいかも。

女性ホルモン配合のバストアップクリームの代用品

次に紹介するのはクラブ「ホルモンクリーム クラシカルリッチ」です。

この商品には女性ホルモンを含んでいますが、バストアップクリームによく含まれるプエラリアではなく、保湿効果を持つエチニルエストラジオールのため、直接的なバストアップ効果はないためご注意ください。

使用してみたらクリームタイプにしては、さらっとのびる感じでクリームとは思えないさらさら感が気に入りました。

マッサージはしやすかったのに、使用後の肌は潤ってるけど見た感じはマットだったから、肌にツヤが欲しい人にとってはイマイチかもしれません。

バストアップクリームの代用品としては、家にあれば使ってもいいかなと思えるレベルで、ドラッグストアにわざわざ買いに行くほどでもないと思いました。

価格も65gでニベアの大缶(169g)より高いため、あまりオススメできませんね。

香りとオシャレさで選ぶバストアップクリームの代用品

続いて紹介するのは、オシャレ女子の間では有名なクロエ「パフュームドボディクリーム」です。

こちらは、ファッションブランドの「クロエ」が発売しているボディクリームで、とんでもなく上品な香りでつけてるだけでイイ女オーラがにじみ出てきて、自分に自信が持てるような気がしますね。

個人的に感じたのが、高級ホテルのベッドルームのようなワンランク上の香りで、非常にリラックスできますね。

保湿効果と肌をスベスベにする効果は、さすがクロエといったところでしょうか。

しかし、価格が150mlで10,000円と流石にバストアップクリームの代用品として使うには勿体なさすぎる商品ということで、バストアップクリームの代用品としては使えません。

私も一時期使っていましたが、完全に自己満足のための商品だと思いましたね、ケチな私は「ニベアの青缶」と混ぜてチビチビ使ってました。

あと一つデメリットを上げるとしたら、ケースも重厚感にあふれているだけに重いので、間違っても手を滑らせて足に落とさないようにしてね、ケガするから。

女子憧れのランジェリーブランドのバストアップクリームの代用品

次に紹介するのはオシャレ女子憧れのランジェリーブランドのヴィクトリアシークレットから発売されているボディローションです。

価格は236mlで2,315円なので、上で紹介したクロエとは違い、随分手頃なお値段に感じちゃいますね。

いくつか種類があるみたいなんですが、今回紹介するのは「ココナッツパッション」。

リッチバニラとココナッツの甘い香りで、まるで南国にトリップしているかのような錯覚を覚えることでしょう。 

使用感も伸びはローションのため非常に良くて、吸収率が驚くほどよかったので、普段使いしたくなるような商品ですね。

しかし、どこにでも売っている商品ではないためバストアップクリームの代用品として使用するために、わざわざ注文するほどでもないなと私は感じました。

それにこの商品は、自分で買うというより友人から海外土産でもらったりしたら嬉しい商品なのかなと思ったりもしました。

まとめ

以上、4品を紹介しましたが「コレ使ってみたい!」と思うような商品はありましたか。

あくまでもバストアップクリームが無くなった人や、まだバストアップクリームを使う勇気が出ないという人が代用品として使うことを前提としていることを忘れないでくださいね。

とはいえ、今回紹介した商品は両極端だったように自分でも感じます。

でも、バストアップクリームに限らず、定番のものや高級品と呼ばれるものを知ることは必要なことだと思います。

それを基準とすることで、確固とした自分の基準を作ることができると思うからね。

長々と書きましたが、バストアップクリームを選ぶときも確固とした自分の基準で、自分が良いと思う逸品を選ぶようにできるといいですね。