バストアップブラを着用したら、みんな巨乳になる説!?

バストアップブラを着用したら、みんな巨乳になるのか検証してみました。

具体的には、TwitterなどのSNSで「胸が大きくなった」などのツイートがあれば立証され、そのようなツイートがなければ立証されません。

他にもバストアップブラについての情報をまとめてみたので、バストアップブラが気になっている方は、参考にしてください。

バストアップブラについて

考える女の子

バストアップブラとは、とてつもなく矯正力があり、多くのモデルやアイドルから愛用されている下着のことです。

バストアップブラは、脇肉・背肉をホールドして、ブラに寄せ集めることで逆流をつくります。

通常、脇や背中へ向かう流れを逆流させることで、しっかりと胸へと持ち上げる動きを形成してくれます。

このバストアップブラを続けることでボリュームのある美しいバストへとかわります。

バストアップブラを着用したら日本人みんな巨乳になる説

本当にバストアップブラを着用しただけで、バストが大きくなるのか疑問に思ったので、TwitterなどのSNSでバストアップブラを使用した人のツイートを参考にして、バストアップブラを着用したら日本の女性は巨乳になるのか調べてみました。

Twitterを見てみるとバストアップブラを購入した女性は多いみたいですけど、宣伝のようなツイートが多く、実際に「バストアップした」というツイートは見当たらなかった…

これではバストアップブラの効果が立証されないので、楽天でバストアップブラ商品の口コミレビューを見てみました。

圧倒的にレビューが多かった「夜寄るブラ」を見てみると、「胸のラインが整った」「胸の形がキレイになった」というコメントがありましたが、胸が小さい人は、残念ながら谷間ができなかったみたいです。

あくまでも補正下着なので、バストアップブラを付けたからといって、自然的にバストアップするわけではないみたいですね・・・

そういうことでバストアップブラを着用したら日本人みんな巨乳になる説は「立証ならず」。

ちなみに、バストアップブラは30~40代の女性に人気な商品で、特に出産後や授乳後の女性には高評価でした。

もし胸を補正したい方は、ぜひバストアップブラを試してみてください。

なぜ巨乳にならないのか?

なぜバストアップブラを付けても巨乳にならないのかというと、実はバストを大きくするには、「乳腺」「クーパー靭帯」「大胸筋」「乳房内脂肪組織」といった4つがバストアップに重要なのです。

この4つが女性ホルモンや成長ホルモンによって作用することで、胸を大きくする仕組みとなっています。

バストアップブラには、この4つを増やす効果がないので、バストアップブラを付けてもバストアップしないのです。

バストアップしたいのなら、「乳腺」「クーパー靭帯」「大胸筋」「乳房内脂肪組織」を増やす食べ物を取ったほうが、効果的かもしれませんね。

ではバストアップブラより効果がでるモノはあるのか?

教える女性

では、バストアップブラよりも効果がでるモノを考えてみよう。

最近では、豊胸手術や豊胸エステなどもあるけど、手術は怖いしエステは高いですよね?

他のアイテムでいうとバストアップクリームやバストアップサプリがあります。

この中で、効果的なのはバストアップクリームです。

バストアップクリームには、上記で説明した「乳腺」「クーパー靭帯」「大胸筋」「乳房内脂肪組織」を増やす効果があり、さらに女性ホルモンに似た働きをする天然素材などが含まれています。

このようなバストアップ効果があるので、バストアップブラよりも遥かに胸を大きくすることができます。

バストアップブラを購入してバストアップに失敗した方は、バストアップクリームを試してみるといいかもしれませんね。