バストの構造を知ってると効率よくバストアップできるかも?

皆さんはバストアップマッサージをするときに、「なんでおっぱいが胸についているのか」を不思議に思ったことはないですか?

あと洋画を見ていて「海外セレブのおっぱいと、日本人のおっぱいってなんか違うように見えるけどなんで?」とか思ったことありませんか?

バストを大きくするために毎日努力してるけど、そもそもバストの構造をしっかり把握している人って少ないんじゃないのかな、特に10代の女の子とか。

もしかして、バストの構造をしっかり把握できていたら、「効率よくバストアップできるんじゃないか?」、「少しでも海外セレブのおっぱいに近づけるんじゃないのか?」と思ったので調査してみました。

バストはなんで女性だけ膨らんでるの?

なんで女性だけバストが膨らんでいるのかを、解説していこうと思います。

動物学的な観点からの意見として、ひとつめは赤ちゃんに母乳を与えるために母乳を溜めるタンクの役割をしているのでバストが膨らんでいます。

もうひとつは動物の雌は繁殖期に入ると女性ホルモンを出して、「私は生殖活動ができる状態だよ!」と雄に知らせる必要があって、そのサインを視覚的に分かりやすくするために、顔の近くで目立ちやすいバストが膨らんだとも言われています。

人間と他の哺乳類を比較してみるとわかりやすいかもしれませんね。

人間と違って、4足歩行の動物たちはお尻と匂いでセックスアピールをしています。

犬や猫を飼っている人なら聞いたことがあるかもしれませんが、お尻に臭い袋というものがついていて、そこから出る匂いにフェロモンが含まれているから、犬や猫がお尻をクンクンするのはそのためで、お尻の穴の臭いを嗅いでいるという訳ではないんですよ。

だけど、人間は2足歩行になったし洋服を着てしまったことによって、女性の尻からフェロモンが出ているかを確認できなくなってしまったから、さー大変。

人間社会にはモラル(道徳)とルール(法律)があるから、繁殖期に入ったら女性が生殖器を丸出しにして街を闊歩する訳にもいきません。

また、せっかく口説き落としてベッドインというところで、恋人の股間には良く見慣れたものが・・・、というようなBL好きにはたまらない展開が起こってしまいます。

上記のような悲劇が繰り返された結果、神様が「だったら、女の子は股に変なもんがついてないから、顔の下に尻と似たようなモンつけたらええやろ」ということで、女性の胸にバストという、神様からの小粋なプレゼントが与えられたのかもしれませんね。

バストの構造ってどうなってるの?

バストの構造

バストが女性に与えられた理由はわかっても、バストの中身がどうなっているのか、構造をこれから解説していきます。

まず、肋骨を覆うように大胸筋が存在して、大胸筋の上に大事な皮下脂肪があるのですが、この層の中は脂肪だけではなく最も重要とされる、乳腺が複数存在します。

乳腺と脂肪はバストを大きくすのに欠かせない組織で、乳腺と脂肪はそれぞれ1:9の割合となっています。

乳腺は赤ちゃんができた時に、母乳を作りだすためのミルク工場のような働きをしている組織で、胎盤で生成されたエストロゲンがバストを大きくするために分泌されて乳腺に運び込まれることで乳腺を刺激して、乳腺を成長させます。

乳腺の成長に伴って、乳腺を外部からの刺激で傷つけないために、乳腺を守るためにも脂肪を蓄積させていきます。

また、乳腺は乳房一つに全部で15~20存在してそれぞれ独立していますが、全ての乳腺は網の目のように広がる乳管と呼ばれる管で乳首までつながっています。

そして、バストの垂れにも影響するクーパー靱帯という組織が、鎖骨の近辺から伸びていて乳房を吊り上げてくれています。

バストアップマッサージを行う際にあまり強く行うと、クーパー靱帯を傷つけてしまうこともありますが、クーパー靱帯は一度傷つくと修復不可能なので、注意が必要です。

どうでしょう、バストがどのようにできているか構造が少しでも理解できましたか?

構造が分かったら、バストアップのためには何を成長させたらいいかが、少し理解できたんじゃないでしょうか。

次は、バストの質からバストアップについて考えてみたいと思います。

バストの質を知るともっと効率的にサイズアップするかも?

バストの構造が分かったけど、バストには大きく分けて2つの種類があることを知っていますか?

バストは「乳腺質」と「脂肪質」の2つのタイプに分けることができます。

乳腺質型バストと乳腺質型バストの違いを詳しく見ていこうと思います。

海外の女性のバスト

乳腺質型バストは、洋画などのセクシーシーンを見て貰えば分かるように、ドーンと大きく張り出したバストで、欧米人に多いタイプのバストです。

平均的な日本人のバストとは少し違っていて、欧米人は乳腺葉が詰まっているんです。

アジア系の女性のバスト

逆に、脂肪質型バストは、乳腺の個数に比べて皮下脂肪が多いタイプの乳房で、日本人やアジア系の女性に多いタイプです。

乳房が柔らかいために仰向けになるとペチャンコになったり、歳をとってきたり、赤ちゃんへの授乳経験があると垂れ下がり傾向になってしまいます。

とりあえず2つのタイプが存在することが分かりましたが、バストの質ごとに向いているバストアップ方法があるように思います。

たとえば、バストアップクリームを使ってバストアップする場合にも、バストの質によって効果があらわれやすいバストアップクリームも変わってくると思うので、自分のバストの質に合った商品を使用することがサイズアップの近道かもしれませんよ。