バストアップには筋トレが必要!?その本当の答えとは…

筋トレをして本当にバストアップするのでしょうか?

そんな疑問をいだいたので、筋トレをしてバストアップするのか調べてみました。

また、筋トレの方法なども記載しているので、気になる方は見ていきましょう!

筋トレをして本当にバストアップするのか?

筋トレをして本当にバストアップするのか気になったので、調べてみたところ胸の構造を知るのが重要みたいです。

ご存知の方が多いと思うけど、胸は脂肪9割と乳腺1割で構成されていて、バストを形成しているのは、ほとんど脂肪なのです。

胸には大胸筋という筋肉があり、大胸筋を鍛えることで胸を支える土台となってくれます。

大胸筋を鍛えることでバスト自体は大きくなりませんけど、美乳をキープする大切な要素の1つで、上向きのツンとしたバストを維持するには大事になってきます。

ただし大胸筋を鍛えすぎると胸自体が筋肉になってしまい、ぷるぷるの弾力がなくなり固いバストになってしまうので、鍛えすぎに注意してください。

「胸の構造」や「大胸筋の筋肉を増やす」ことを踏まえて、筋トレをすることでバストアップするわけではありませんが、美乳に近づくには必要な方法ですね。

なぜ筋トレしてバストアップしないのか?

筋トレは筋肉を増やす方法で、バストアップするには脂肪を増やす必要があります。

脂肪となる栄養はタンパク質が必須で、食べ物でいうと豆や卵などが栄養素もあっていいですね。

また、乳腺を発達させないと効率よくバストアップしないので、バストアップしたいのなら筋トレをするのではなく、女性ホルモンの量を増やしたり、乳腺を刺激するマッサージ、成長ホルモンの分泌を増やさないといけません。

なので、筋トレしてもバストアップしないので、ただ胸を大きくしたい方は、脂肪を増やしたり乳腺を発達させましょう。

ちなみに筋トレして美乳にしたい人に

筋トレをしてバストアップはしませんけど、美乳にする効果はあるので、筋トレの方法を紹介しようと思います。

プッシュアップ

腕立て伏せをする女性たち

プッシュアップとは、いわゆる腕立て伏せのことです。

胸の下部を鍛えるのに効果的な筋トレで、腕を肩幅くらいまで広げて状態を下げると大胸筋を鍛えることができます。

この時、膝を立てたり腕を前後に置くことで大胸筋を色んな角度から鍛えることができるので、大胸筋を鍛えるには効率が上がります。

チェストサンド

チェストサンドは、背筋を伸ばして両手を胸の谷間で合わせます。

胸と両手に力を入れて、そのまま顔の前まで腕を上げて5秒間キープさせます。キープした後はゆっくりと胸のところまで下していきます。

空いている時間に、この動作を3~5回続けると、垂れた胸をツンと上向きに整えることができるので、ぜひ試してみましょう。

ダンベル

ダンベルを上げる女性

ダンベルの筋トレは、胸の筋肉に集中して働きかけることができるので、大胸筋を鍛えるには最適です。

ダンベルで大胸筋を鍛える方法は、仰向けになって胸を張り、ダンベルを胸の横でかまえます。

その後、息を吐きながらダンベルを胸の上に押し上げ、息を吸いながらダンベルを下す動作をします。大胸筋を鍛えるポイントとしては、肘を伸ばしきることです。

この方法で筋トレをすることで、バストラインが綺麗になり、上向きの胸を手に入れることができるでしょう。

まとめ

筋トレをしてバストアップはしないけど、美乳にすることはできるので、バストラインを綺麗にしたい女性は是非筋トレをしてください。

また垂れ乳の予防にもなるので、出産後や授乳後の女性にはオススメします。