【最新版】べヘニルアルコールの効果と副作用

べヘニルアルコールとは

べヘニルアルコール

ベヘニルアルコールは、ナタネ油の還元アルコールから抽出される高級アルコール(ろうそくのような油性成分)です。
べへニル”アルコール″という名前からアルコールにアレルギーがある方は敬遠されるかもしれませんが、「アルコールフリー」の表記がされている商品にもべへニルアルコールは使用されています。

一般的にアルコールフリーという表記は消毒目的のエタノールが含まれていないものを指します。その為、エタノールが含まれていないべへニルアルコールはアルコールフリーと位置づけられるのです。

他の高級アルコールと比べて毒性や刺激性がほとんどないので、安全性の高い成分とされています。

べヘニルアルコールの一般的な用途

あまり聞き覚えのないべへニルアルコールですが、
私たちが何気なく使っている製品類にも普通に使用されています。

  • トリートメント
  • コンディショナー
  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • ファンデーション
  • 下地
  • ヘアケア商品

べヘニルアルコール

ジュレーム ノンシリコンディープモイストトリートメント / 無印良品 乳液・敏感肌用・さっぱりタイプ / 肌ラボ 極潤 ヒアルロンクリーム /TSUBAKI ダメージケアウオーター (しっとり) /など…

べヘニルアルコールの効果

べヘニルアルコールは乳化を安定させる効果があるので、乳液やクリームなどが粘度のある状態をキープする乳化安定剤として重要な役割をします。
乳化安定性が高く、保護する効果の高い成分のため、頭皮ケアに最適だと考えられています。

べヘニルアルコール

効果1:肌の負担が少なく、安心して使える

植物油脂の菜種油から抽出されるもので、合成物質ではありません。合成成分の含まれた製品に比べると肌への負担が少ないのが特徴です。

効果2:お肌の潤いを保ち皮膚を柔らかくする

皮膚からの水分蒸散を防止して潤いを保ち、皮膚を柔らかくするエモリエント効果が高いことでも知られていています。同時にお肌を守ってくれる効果もあり、赤ちゃんなどのデリケートな皮膚も優しく守ります。

べヘニルアルコールを使用した方が良い人とは?

ナタネ油由来ということもあり、刺激がかなり少ないべヘニルアルコール。
一般的なアルコールに比べて少し価格が高く、安全性がとても高いため肌に刺激を与えないと考えられており、
「アルコールフリーの」商品にも含まれています。多くの敏感肌用化粧品にも配合されているのでアルコールにアレルギーを持つ方に特におすすめです☆
症状が重い方などは、必ずパッチテストをしてから使用してくださいね!

べヘニルアルコール

べヘニルアルコールの毒性・副作用

べヘニルアルコール

べヘニルアルコールは他の高級アルコールと比べて安全性が高い成分です。毒性や副作用はほとんど報告されていませんので、安心して使える成分と言えるでしょう。
そうは言っても肌に合わない方もいますので、用法用量を守った上でパッチテストもきちんと行いましょう!

べヘニルアルコール配合の製品はこちら

お肌の弱い方は特に!新しい製品を買う前に、一度成分表をチェックしてみてはいかがでしょうか♪
肌に負担が少ないべヘニルアルコール配合の製品はこちらから☆

ブラビアンカボムアップクリーム

ブラビアンカボムアップクリーム