【最新版】コエンザイムQ10の効果と副作用

アンチエイジングや美容効果などでよく「コエンザイムQ10」といった成分が取り上げられますよね?

そんな、コエンザイムQ10の基本情報や効果、副作用について調べてみたので、コエンザイムQ10のことが知りたい方は参考にしてください。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10とは、脂溶性の物質で人間の体内において合成されているビタミンに似た生理作用をもつ有機化合物です。

人間の体のあらゆる細胞のひとつひとつに存在し、細胞のエネルギー源であるATP(アデノシン3リン酸)を作るのに不可欠とされています。

特に心臓に多く存在しているため、欠乏すると心臓機能に影響が出やすくなります。

現在までコエンザイムはQ1~Q12まで使っているけど、体内で働くのはQ10です。

非常に強力な抗酸化作用を持つためサプリメントや化粧品として愛用する人が多い成分です。

また、人体はコエンザイムQ10を合成して作り出す仕組みがありますけど、残念ながら年齢とともに生産量が減少してしまいます。

コエンザイムQ10の量が最も多いのは20歳頃で、その後は徐々に減り続け、40歳前後になると急激に減少していきます。

この減少する原因は、コエンザイムQ10の生産量が低下することと、加齢になることでコエンザイムQ10の必要量が増えることも理由として上げられます。

また、過度のストレスや偏った食生活、運動不足などの生活習慣もコエンザイムQ10の減少を加速させる原因にもなるので、心当たりがある方はコエンザイムQ10を食品などから補うと効率的でしょうね。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10は、大きくわけると2つの機能があります。

その2つの機能とは、食事から摂取した栄養(タンパク質や炭水化物)をエネルギーに変換する機能と、抗酸化作用によって肌や臓器などの体の各部の若さを維持する機能があります。

まず1つ目のエネルギーを作り出す機能は、生命活動の原動力になり、コエンザイムQ10が足りていない状態であれば、体が疲れやすくなり、慢性的な疲労になったりします。

それを防ぐためには、食事などから栄養を摂りエネルギーへと変化させないと体調を維持させるのが難しくなってくるのです。

2つ目の抗酸化作用は、いわば体を若々しく保つ機能です。

これによって、老化の原因と言われる活性酸素という悪性物質から体を守ることができます。

悪性物質から体を守ることで、アンチエイジングや美容に役立つ効果を得ることができるかもしれませんね。

また、ガンや生活習慣病の予防にも役立つと言われているので、コエンザイムQ10は健康には欠かせない成分ですね。

コエンザイムQ10の副作用

一般的にコエンザイムQ10は大量に使用した場合でも副作用が起こりにくく、安全性が非常に高い物質と考えられています。

ですが、コエンザイムQ10の食品からの摂取目安量は1日30~300mgなので、この摂取目安より過剰摂取すると軽度な副作用が起こることもあります。

主な副作用は、胃の不調や食欲不振、吐き気、下痢などで、1日1200mgの摂取でも目立った副作用がなかったという報告もされているので、そんなに副作用については心配することがなさそうですね。