【最新版】コラーゲンの効果と副作用

コラーゲンを食べると「お肌がツルツル」になるというコラーゲンブームが一時期ありましたけど、本当にコラーゲンで美肌になる効果はあるのでしょうか?

そこで、コラーゲンの基本情報と効果、副作用について調べてみたので、コラーゲンのことを知りたい方は参考にしてください。

コラーゲンとは?

コラーゲンとは、脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一種です。

体内に存在するコラーゲンの分量は、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めるほど多いと言われています。

体内コラーゲンのうち40%は皮膚、20%は骨や軟骨に存在し、あとの40%は全身に広く分布しています。

コラーゲンを産生する主な細胞は、皮膚に存在する繊維芽細胞といわれる結合組織を構成する細胞や軟骨に存在する軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞などが必要になってきます。

コラーゲンはこれらの細胞から分泌されたのち、細胞の間を埋めて他の糖タンパク質とともに細胞間を埋めるマトリックスを形成しています。

人のからだは60兆個以上の細胞から構成されていますが、細胞や細胞が構成している臓器は細胞外マトリックスにより正しく形成されています。

コラーゲンは、この細胞外マトリックスを構成しているタンパク質で、細胞の足場となり増殖や機能の維持に役立っています。

ちなみにコラーゲンは3本の分子量95,000のポリペプチド鎖と言われるアミノ酸が50個以上結合したものが、右巻きに絡み合った3本鎖の構造をしています。

よく美肌効果を耳にしますが、現時点での科学的知見ではコラーゲンを食べても美肌効果がでるかは不明のようです。

コラーゲンの効果

コラーゲンはタンパク質のひとつで、消化や吸収の段階でアミノ酸やペプチドなどに分解されてしまうことから、これまでの栄養学や医学では「コラーゲンを摂っても効果がない」という結論に至っていました。

しかし、コラーゲンの研究が進んでコラーゲンについて新しい事実が判明してきたのです。

その研究とは2009年に、1日5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、30歳以上の被験者に肌の角質の水分量上昇が見られ、他にも2014年には、1日5g、もしくは2.5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、45歳~65歳の被験者のシワの改善といった報告がありました。

ただし、ここで検証されているのは「コラーゲンペプチド」です。

コラーゲンペプチドは、肉や魚などの骨や皮に含まれるコラーゲンに加熱を加え、ゼラチン状に変化させたあと、さらに酵素分解によって小さくしたもので、分子量が小さいため水に溶けやすく、からだへの吸収性も高いことが特徴です。

現在ではドリンクなどに配合されているモノの多くは、このコラーゲンペプチドです。

また、コラーゲンが血中に吸収されるとき、そのほとんどはアミノ酸になってしまうといわれてきましたが、最近の研究ではコラーゲンペプチドの一部はペプチドのまま血中に吸収され、血流にのってからだを巡り、弾力を保つ命令をだしていることがわかっています。

そのことを踏まえると細胞の活動を高めることで傷の回復や炎症の緩和、骨の健康など幅広い効果に期待できそうですね。

コラーゲンの副作用

コラーゲンそのものに副作用はありません。

ただし、コラーゲンを摂取しすぎた場合、高血圧症や脂肪過多になる可能性があります。

コラーゲンの栄養による高血圧症を放置してしまうと脳や心臓、肝臓、目などに重大な合併症を招くことになるので、もしコラーゲンを摂取して血圧が正常より高い場合は、コラーゲンの摂取を控えましょうね。

また、脂肪過多になると新陳代謝が低下して肥満や老化にも関わってくるので、コラーゲンを摂取してからだに脂肪がついてきた方は、コラーゲンを控えましょう。

コラーゲンを摂り過ぎてしまうと、このような症状が出てしまうこともあるので、なるべくコラーゲンは摂り過ぎに注意しましょうね。