バストアップしたらファッションの幅が広がるかも?

バストアップしら、今まで以上に「オシャレを楽しみたいな」と思うのは当然ですよね。

でも、「バストアップしたら太って見えるんじゃないの?」とか考えてしまいがちです。

たしかにモデルさんにはバストが大きい人はいないですが、バストアップすることによって、胸が小さかった時には似合わなかったようなファッションができるようになるんですよ。

なので今回はバストアップした際に注意した方がいい「ファッションのアレコレ」や、バストアップしたからこそ「挑戦してほしいファッション」について書いていこうと思います。

バストアップしたらファッションの見え方が変わる?

洋服屋

バストアップすることによって、スタイルが変化するので、今まで着ていた服でも確実に違って見えます。

最も顕著にその違いが分かるのがシンプルなTシャツとデニムのスタイルです。

シンプルだからこそ、身体のラインが強調されて見えます。

もちろん、Tシャツやデニムのサイズ感によって多少は見栄えも変わりますが、両方ともジャストサイズで考えた場合は、バストアップした後の方がより女性的な丸みが強調されて見えますよ。

バストアップすることで、ボディラインが強調されるシンプルな服装が自然とキマッて見えたり、バストを協調したような服も似合うようになります。

また、バストアップしたことによって視線が上半身に集まるようになるし、上半身のボリュームが出て見えるので、AラインのワンピースタイプやビッグシルエットのTシャツを着る際は、くびれが隠れてしまうため横から見た時に、寸胴のように上から下まで同じ幅で見えるから太って見えてしまう恐れがあります。

オシャレさん1

そんな時は、ワンピースの上からハイウエストの部分にベルトを巻いてみるとか、ビッグシルエットのTシャツの場合はTシャツの裾をへそ上で結んでみるとかしてみると、くびれが見えるのでスタイルが良く見えますよ。

「バストアップすることでファッションの見え方が変わる」ことは分かっていただけたと思います。

次は、「バストを強調したいときにオススメのファッション」を紹介します。

バストを強調したいときにオススメのファッション

オシャレさん3

せっかくバストアップしたんだから、たまにはバストを強調したファッションも挑戦してみたいですよね。

まずは、ボディラインの出るタートルネックのニットを着てみてはどうでしょうか、特に柔らかい生地でフィットしやすいものを選ぶと良いでしょう。

間違いなく男性からの視線を集めるでしょう、ただし、タートルネックのニットのワンピースを着る場合は、ショートパンツやカラータイツ、レギンスを履くなどしてポップさを出さないとあまりにもセクシーすぎるので品がなく見えてしまいます。

次は、程よい深さのVネックのトップスを着てみるのも良いですね、でも、Vが深すぎる場合は谷間が見えすぎてしまって、これも品がなく安っぽいコールガールのように見えて、男性からは逆に引かれてしまうでしょう。

オシャレさん2

あとはウエストが絞れてるタイプのワンピースも、バストのボリュームとウエストのくびれを強調できるためオススメですよ。

どうですか、なんとなくバストアップした自分が着ている姿がイメージできたでしょうか?

ここで挙げたもの以外でも、工夫次第で似合うものはあると思うので試行錯誤してみるのを楽しんでくださいね。

「バストを強調したいときにオススメのファッション」を紹介しましたが、次は「同性である女性から敬遠されないようにするための注意すべきこと」を紹介しています。

バストを強調しすぎると女性からは敬遠されちゃう?

女性に限らず異性を意識し過ぎたファッションは、どうしても同性からは異性に媚びているように見えて、とても下品に感じられてしまいます。

例を挙げると、男性の民族衣装の「コテカ」などは異性を意識するあまり、見ようによっては下品を通り越して卑猥に映ってしまいます。

もし日本でコテカを装着した男性が街を闊歩していたら、女性が近付いてくるんじゃなくて、お巡りさんに連れていかれてしまうでしょう。

ちょっと例が突飛すぎたかもしれませんが、言いたいことは分かってもらえたんじゃないかと思います。

特に女性同士はグループを作る特性上、グループ内の人達から省かれないようにしつつ、密かにグループ内での自分の立場が優位でありたいという願望があるため、バストを強調し過ぎて男性に媚びたファッションによっては、同性である女性から敬遠されてしまうことがよくあるので、注意が必要です。

「ファッション」にも、「男性ウケするファッション」と「女性ウケするファッション」で違うため、どちらかに偏り過ぎると必ずどちらかからは「反感をかってしまう」ことや、「色気がない」と思われてしまうこともあるため、バランスよく毎日のコーディネートを楽しむことが大事ですね。

「男性ウケするファッション」と「女性ウケするファッション」って?

女性のオシャレと一言で言っても、「男性ウケするファッション」と「女性ウケするファッション」があると言いましたが、それぞれの特徴を挙げてみようと思います。

男性ウケするファッション

男性に受けるファッションといっても、「露出」が高ければいいという訳ではないようで、いろいろ細かいこだわりがあるようなので、とりあえずポイントを挙げていきますね。

①露出はほどほどで、全体のどこか一部だけを肌見せされると「ドキッ」とする。

例えば、ネック部分が深めにあいているカットソーを着ているときは、ボトムスは隠してみたり、ボトムスが短めのスカートやパンツの時はトップスは露出が少ないものにするとバランスもとれるし、上品に見えますよ。

②「膝のちょい上」、「膝が隠れるくらい」のスカートが好きという人が多い。

「ミニ」みたいに短すぎるスカートは、一緒に歩くときに他の男性の目を引くため、彼女にはあまり着てほしくないようです。

これは非常に意外でしたね、でも男性が「自分の彼女の足を他の男性に見られたくない!」と思ってると考えると、カワイク思えますね。

③脚のラインがキレイに出るスキニーパンツ

「女性の引き締まった細い足のラインが好き」、「ヒップから、ふくらはぎにかけてのピタッとした感じがシャープな感じでイイ」など、脚のラインをキレイに見せるスキニーパンツを好きな方が多いようですよ。

④ビッグTでビッグシルエットから除く、女性のらしい細腕や首の華奢さが「とてもカワイク見える」ようです。

ワンピース代わりに着たりもできますが、バストが大きい方が着る場合は、裾の片方を絞ったりすることで、くびれを強調できるので工夫のしがいがありそうですね。

⑤「ワンピースとカーディガン」のコンビは、昔から鉄板の男性に人気のコーデ。

ワンピースで女性の「かわいらしさ」を、カーディガンで「寒さに弱いという女性の繊細さ」を演出してくれているようです。

それにカーディガンの形にもよりますが、シンプルな形のカーディガンには「知的さ」と「清楚さ」もかねさなえているようにおもいます。

⑥バレエシューズみたいなドレスよりなコーデにも使えるペタンコな靴がカワイイ、と好評なようです。

逆にセクシーに見えるピンヒールやヒールの高い靴は「強そう」、「怖い」など、あまりいいイメージはもたれないようです。

あと女性には靴を履いた状態でも、自分より身長が高くなってほしくないという思いもあるようですね。

⑦ハイネックノースリーブのコーデ、「寒いのか熱いのかどっちだ!」とツッコミを入れたくなるコーデですが、隠された胸部がふくらみをもって主張しつつ、二の腕が潔いくらいに露出しているところに不思議と惹かれるという意見が多かったです。

以上、の7つが「男性ウケするファッション」として挙げられているようです。

以外にも、女性が好みそうなものが多いように感じました。

それに、あからさまにセクシーさを強調したファッションが好まれなかったのは、もし自分がこの徐と一緒に歩くんだったらとか、想像した結果、以上の結果になったようです。

女性ウケするファッション

女性受けするファッションはいろいろタイプがあるので、一概には言えないのですが、①男性に媚びすぎない、②女性らしいカワイさがある、③かわいらしさの中に程よくボーイッシュなやんちゃさがある、④品が良く清楚で知的に見える、といったような感覚的なものが大切なようです。

また、なによりも着る人に似あっていて、雰囲気があるファッションが女性ウケするファッションのようです。

以上、「男性ウケするファッション」と「女性ウケするファッション」を見てきましたが、男性が女性に求める「オシャレ」と、女性が同性を魅力的に思う「オシャレ」は違うし、想像していたよりも男子に受けるファッションが、女性が好むファッションと似通った部分があることもわかったので良かったのではないでしょうか。

この記事を読んでバストアップへの「モチベーションが上がった」といってくれる人がいたらうれしいです。

1日でも早くバストアップできるように頑張ってくださいね。