おすすめバストアップクリームランキングについて

おすすめバストアップクリームランキングは、胸を大きくする方法の一つである「バストアップクリーム」に関する情報を発信するサイトです。

あなたは、バストアップクリームで胸を大きくしようとして次のような経験をしたことはありませんか?

  • クリームを塗ってみたけど全然変化が感じられない
  • クリームが肌に合わない
  • 1週間くらいは続くけど、1ヶ月以上継続したことがない

実は理想的なバストを作るには、ちょっとしたコツやポイントが必要だったりします。 そこで、超初心者でもバストアップができるように、このサイトを通して全力でサポートしていきます( `ー´)ノ

バストアップクリームとは?

バストアップクリームショップバストアップについての画像

バストアップクリームとは、胸を大きくする目的として使用するクリームのことです。
バストのサイズ、弾力性、ハリ、ツヤをアップまたは維持するために、クリームの中に必要な成分や素材が含まれています。
特に、胸の脂肪増殖や女性ホルモンに似た働きをする素材を加えることによって『バストアップ効果』を発揮させることが可能です。
バストアップクリームには質感(テクスチャー)だけでも数種類あり、質感が固めのクリームから水溶性で伸びが良いタイプなど様々なものがあります。

今人気のバストアップクリーム!(※更新)

当サイトで今人気のバストアップクリームをご紹介します♪実際に使用したユーザーの口コミ評価を基準に人気順位を作りました!

口コミ評価の高い商品ほど、信憑性が高いクリームと言えるので「クリーム選びに失敗したくない方」は、この人気ランキングをぜひチェックしてみてくださいね☆

1位 ティティプル

ティティプルの商品画像

なんといっても他のクリームとは、バストアップに役立つ有効成分の配合量が違う!
ティティプルは、高品質のバストケア成分「プエラリア」をはじめ、胸の脂肪増殖に役立つ「ボルフィリン」と「アディフィリン」が配合されているスーパーバストアップクリームとなっています。
そんなティティプルは、他のクリームと比べるとお値段も安いので、はじめてクリームを買う女性にはオススメの商品です。

公式サイトはこちら!

もっと詳しく見る!

2位 ラシュシュ

ラシュシュの商品画像

ラシュシュは、グラビアアイドルもひそかに愛用しているバストアップクリームです。
11種類の美容成分のナノ化に成功し、ラシュシュナノプラスにバージョンアップしました。
さらに美容外科の先生が教えたがらない秘密に密着し、バストアップに必要な脂肪を増殖させる成分も含まれています。
そんなラシュシュは、いろんなメディアでも紹介されているクリームなので、しっかりとバストアップに役立つかもしれませんね。

公式サイトはこちら!

もっと詳しく見る!

3位 セルノート

セルノートの商品画像

セルノートは、注文が殺到している憧れの女性らしい谷間にサポートしてくれるバストアップクリームです。
「自然由来の豪華成分」「国産の確かな品質」「角質層への浸透力」を強みとしているクリームで、何度もテストを繰り返し配合成分のベストバランスを追求しています。
そんなセルノートは、ふっくらボディーや女性らしさ、ボディケアのサポートをしてくれる成分が含まれているので、理想のバストを築くことができるかもしれませんね。

公式サイトはこちら!

もっと詳しく見る!


バストアップクリームが普及しているけど効果があるの?

確実に胸を大きくする豊胸手術がある中、バストアップクリームが普及しているけど実際に効果があるのでしょうか?

まず豊胸手術とバストアップクリームの違いを見てみると、豊胸手術は脂肪注入やヒアルロン酸注入、シリコンを挿入することによりバストアップを考える手術です。

バストアップクリームは、胸が大きくなるメカニズムに伴い成分や素材を配合させバストアップを図るクリームで、この違いを見てみると、確実にバストアップするのは豊胸手術で、バストアップクリームは効果が薄そうに思われます。

しかし、バストアップクリームはバストの仕組みに合わせて作られているので効果があります。

効果がある理由としては、乳腺は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンをバランスよく分泌させることで発達し、バストアップクリームには『プエラリア』や『イソフラボン』という成分が配合されていて、女性ホルモンと分子構造が似ていることから乳腺の発達に役立ってくれます。

それだけでなく、脂肪組織を増殖させる成分も含まれているので、それにより胸を大きくする助けとなります。

このような成分や素材が配合されていることから、バストアップクリームには効果があると言えますね。

バストアップクリームが人気の理由

古い言葉だと思いますけど、『貧乳はステータスだ!希少価値だ!』という胸が小さい女性の心の叫びがあります。『貧乳』というのは一種の体質で、遺伝的要素がほとんど占めていると考えられてきました。

よって『貧乳』や『まな板』、『ちっぱい』は、年齢や遺伝による原因とされ改善方法が進んでいません。

しかし、胸を大きくする方法は遺伝は多少関係しているけど、年齢は関係ないので、バストアップは可能なのです。

いままで、豊胸手術や豊胸エステに行って高額な費用を払わなければならなかったけど、バストアップクリームは低コストで自分で胸を改善することができます。

低コストで人の手を借りずに『発育』するのが、バストアップクリームが人気の理由なのだ!

これからは『バストアップクリームは必須アイテムだ!胸を大きくするのだ!』という胸の小さい女性に向ける心の叫びを流行らせます(笑)。

バストアップクリーム使っている人の年齢層

バストアップクリームに興味があるけど、「使用している方の年齢層は発情中の若い人達だけじゃないの?」、「私が使用しても歳がいってるから、効果なんて実感できないんじゃないの?」と思っている方々、バストアップクリームを使うのに年齢層は関係ないですよ。

女性はいくつになってもキレイでありたいと思うものですし、理想に自分も近づくんだと思って努力する姿は、程度にもよりますが男性からも好感を得られると思います。

では、バストアップクリームを使用している方々の年齢層をご紹介します。

各商品の公式サイトなどの口コミから、使用者の年齢分布を見ると30代から40代の方の利用が多いようです。

20代の方の使用者が思いのほか少ないのは、人によっては身体的に女性として成熟しきれていない方もいますし、20代前半ではまだ成長期の名残が残っている方もいるため、バストアップクリームを使用しなくても、女性ホルモンが活発に働いているためバストアップする可能性が比較的高いからかと思われます。

20代後半~30代になると結婚や出産をされる方が多くなり、授乳によるバストの型崩れを気にされる方が増えるため、そういった方々が使用しているようです。

30代以降で授乳が期間が終了した方などで、使用されている方々の使用理由としては、スタイル維持はもちろんですが、セックスレスの予防として旦那さんに女性として魅力が残っていることを見せつけるために使用しているというものが、いくつかみられました。

40代以降で使用されている方に多いのは、経済的に余裕があり、子育ても一段落して自分の美容に関してもお金を使えるようになった為に、実は最も使い始める方が多い年齢層です。

バストアップクリームの種類について

バストアップクリームには、いくつかの種類があります。その種類について見ていきましょう!

形状・質感(テクスチャー)

胸に直接塗るバストアップクリームの他に、ローションタイプやジェルタイプなどの形状があります。質感(テクスチャー)では、固めのタイプやぷるぷるで伸びのいいタイプがあります。

配合成分の違い

バストアップクリームによってはコンセプトが異なり、胸の脂肪を増殖させる成分や、女性ホルモンに似た働きをする成分、胸のハリや弾力を出すために肌年齢を若返らせる成分などがあります。

これらの配合成分は、自分の体質に合っていないとバストアップ効果を発揮させない恐れがあるので、バストアップクリームを選ぶときは、自分の体質に合ったモノを選びましょうね。

高品質のバストアップクリームを見極めるポイント!

高品質のバストアップクリームを見極めるには、三大バストアップ成分と言われているプエラリアやボルフィリン、アディフィリンが配合されているのが選ぶポイントです。

プエラリアは、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌を促し、胸の再成長を促すことに期待ができ、ボルフィリンは脂肪を分化・増殖して胸をボリュームを増やし、弾力とハリを向上させることができます。

アディフィリンはボルフィリンとほとんど同じ効果があるので、これらの成分がバストアップクリームに配合されていることで、高品質なバストアップクリームと言えますね。

バストアップクリームには個人差がある?

バストアップクリームを使い、バストアップ効果を実感するまでの期間は、個人差があります。

そもそも、乳腺の量によってバストの大きさに差がでて、乳腺を発達させるためには女性ホルモンの働きを増殖して発育しなければいけません。

バストアップクリームを塗ることで、女性ホルモンの働きを増殖することはできるけど、精神的ストレスや激しい運動によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまい女性ホルモンの分泌を減らし乳腺の増殖を少なくしてしまいます。

なのでバストアップクリームを使用して、すぐにバストアップする人もいれば、1ヵ月経ってもバストサイズに変化が表れない方もいます。

なるべくバストアップクリームを塗る使用期間は、ストレスを溜めず運動を控えて、胸に脂肪をつける『ボロンを含む食品』や『大豆食品』、『乳製品』を取るとバストアップ効果を発揮させることができると思います。

バストアップクリームを使う際の注意点!

バストアップクリームを「使ってみようかな」と思っている方や、使い始めた方には使用する際に注意してほしいことがいくつかあります。

  • バストアップクリームを使用する際や使用後の体温
  • 無理なダイエット
  • 妊娠中、成長期の10代の使用
  • 強すぎるバストマッサージ
  • 精神的なストレス

以上の事はバストアップ自体に悪影響を及ぼすため、注意しておく必要があります。

バストアップクリームの価格帯

お金と電卓

バストアップクリームは国産の商品だけでも非常に多くの商品が出回っていますが、その価格はお手頃な商品で2000円を切るものから、高額な商品になると10000円近くするものまで存在します。

個人的には、有名なエステショップやエステティシャンがプロデュースしている大抵の商品は高額で、バストアップ効果よりも美容成分に比重を重くおいているように感じます。

バストアップの効果は価格が安いから薄い、価格が高いから効果がより得られるという訳ではありません。

安くてもバストアップ効果に優れる成分を多く含んでいる商品も存在しますし、高額な商品でも美肌効果や保湿効果にばかりこだわって大切なバストアップ成分を含んでいないこともあります。

購入の際の選ぶ基準の優先順位としてオススメは、①商品に含まれる成分、②使用者の口コミや評価、③価格。

気になるバストアップクリームがある人で、商品を選ぶ前に上記の優先順位などを参考にしてくれたらなと思います。

バストアップクリームとバストアップサプリの併用で効率アップ

サプリ

バストアップクリームを使用してるけど、なかなか効果がみられないときは、バストアップサプリを使用してみるのもいいかもしれません。

なぜバストアップサプリを進めるのかというと、バストアップクリームと比べて含まれている成分が多くて、直接食べて摂取するから吸収率も格段にバストアップクリームよりも上だからです。

バストアップクリームのみで女性ホルモンを活発化させるのも難しい場合もあるため、バストアップサプリで女性ホルモンを活性化させる栄養素を補い、バストアップクリームに含まれるボルフィリンなどの脂肪増殖効果によりバストの脂肪を増やすことで、相乗効果がみられて効率よくバストアップができるかもしれませんよ。

バストアップサプリは、クリームよりも成分の吸収率が良いから副作用を起こす確率が高まるため、使用する際には注意事項を確認するなど、自分の健康状態をしっかり把握しておくように注意してくださいね。